« 第89回「朝日通り商店街 えびす講祭り」 | トップページ

弱視眼鏡

3歳児検診前にお子様の目の異常に気が付いてあげることはその後のお子様の人生を左右するほど大事なことです。外見的に違和感を感じる場合は気づきも早いのですが、左右2眼あるため、どちらか一方が見えている場合など日常的には何の違和感もなく生活もできますので目の異常に気が付くのが遅れる場合もあります。お子様の様子を見ていて違和感を覚えるような場面が多い場合は早めに眼科を受信することをお勧めいたします。

R0010825

強度遠視のお子さんの場合でも最適なフレームを選んであげることでより薄く、より軽く、ずれにくいメガネをおつくりすることができます。

R0010827

お子様用のフレームは最適サイズを選んだ場合は「強度ウスカルメガネ」をおつくりすることができます。

R0010829

特に強度遠視の場合はレンズの中心部分の厚みがどうしても厚くなってしまいます。

R0010832

プラスチック高屈折レンズに薄型加工をすることでより薄く、軽いレンズを提供できるように努力しています。

R0010831

弱視のお子さんの場合、メガネをかけることが大事な治療となりますので、お気に入りのフレームを選んであげることとずれにくいメガネをかけさせてあげることが非常に大事です。ある程度重さもあり厚みも出る場合もありますが、お子様に負担の少ないメガネを提供できるよう眼鏡作製をしています。

|

« 第89回「朝日通り商店街 えびす講祭り」 | トップページ

弱視眼鏡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第89回「朝日通り商店街 えびす講祭り」 | トップページ